歯科口腔外科

親知らず(智歯)

親知らずの抜歯はした方が良いのか?

親知らずの抜歯はした方が良いのか?

親知らずが生えてくると、痛みが生じる場合が少なくありません。
生えてきた親知らずは、抜いた方がよいという話をよく聞きますが、できるなら歯を抜く痛みは経験したくないものです。
では本当に親知らずは抜歯すべきなのか、残すべき親知らずもあるのか解説します。
親知らずが生え始めて悩んでいる方は、参考にしてください。

親知らずの生え方のタイプ

大きく親知らずの生え方は3つのパターンに分かれます。

1.真っ直ぐきちんと生えているタイプ

1つ目は、真っ直ぐきちんと生えているタイプもっとも理想的なのは、親知らずがまっすぐきちんと生えているタイプです。

この場合、他の歯と同じように機能しており、口の中で問題となることはあまりありません。こういったまっすぐ生えるタイプの親知らずが生えている方は、あまり多くはいません。

 

2.一部だけ見えていたり・斜めに生えているタイプ

2つ目は、一部だけ見えていたり・斜めに生えているタイプです。

このタイプに起こりやすいのは、親知らずが斜めに生えており、歯と歯の隙間に歯垢や食べカス・汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病・口臭の原因になったり、細菌感染による炎症を周囲の歯や歯肉に生じます。多く見られる症状としては、親知らず(智歯)の周りの歯肉が炎症を起こす「智歯周囲炎」です。炎症が顎や周囲の組織へ広がると、顔が腫れたり開口障害が出ることもあります。

3.完全に埋まっているタイプ

3つ目は、完全に埋まっているタイプです。

親知らずが完全に埋まっているのであれば、虫歯や歯周病などの心配はないでしょう。しかし、骨の内部に嚢胞(のうほう)という袋状の塊ができることがあります。嚢胞は骨を圧迫したり溶かしたりする恐れがあるので、症状によっては除去しなければなりません。

親知らずを抜歯した方が良いタイプ

親知らずを抜歯した方が良いタイプ

親知らずを抜歯した方が良いタイプは、虫歯や歯周病の恐れがある場合・矯正治療を受ける予定がある方になります。全ての親知らずは抜いたほうが良いのかどうか?と問われると答えは、「ほぼYes」です。

抜歯が必要となるケース

重度の歯周病

重度の歯周病

歯周病が進行すると歯を支えている骨が徐々に溶けていき、最終的にはグラグラになり、噛む力に耐えられなくなります。
歯周病は中度であれば治療によって残せる可能性がありますが、重度まで進行した場合、保存不可能となってしまいます。重度の歯周病の歯を放置すると周囲の歯にまで悪影響を及ぼしかねません。重度の歯周病の歯はそれ以上周囲の歯や骨に悪影響が広がることを防ぐため抜歯が必要となります。

重度の虫歯

C4(残根状態)

重度の虫歯により、歯肉縁下まで及ぶ歯に関しては、周囲の歯茎の構造が破壊されてしまいます。その状態を改善しなければ周囲の歯や骨に悪影響を及ぼすのを防ぐために抜歯が必要となります。

歯根の破折

歯根が割れ、細菌感染が起こった場合に関しては保存不可能となります。

破折の入った部分を中心として周囲の骨が徐々に溶けてしまいます。骨の破壊を止めるため細菌感染を取り除く必要があります。確実にヒビが入ってしまった部分の細菌感染を取り除く方法は抜歯以外に無いのが現状です。

顎関節症

顎関節症について

口を開けると顎がカクカク音がする、痛みがあるなど、このような症状の方は顎関節症の可能性があります。顎関節に異常が生じていると想像されるかもしれませんが顎関節症にはいろいろなタイプがあります。

●1、関節には、軟骨、靭帯、関節包といった組織があり、そういった組織に無理な負荷がかかっていたんでしまった場合

●2、口を動かしたり咀嚼時に重要な筋肉に炎症が起きてしまった場合

●3、正常な顎関節は口を開ける動作に応じて関節円板と言われる組織がクッションの役割を果たしています。この関節円板が前にズレてしまった場合

●4、関節円板が前にズレ、加齢などにより軟骨が薄くなってしまい下顎頭と下顎窩が直接接触してしまい骨が変形していく変形性顎関節症を引き起こす場合

※その他、ストレスや歯ぎしり、食いしばり、姿勢、頬杖、歯列接触癖などいろいろなケースで将来的に顎関節症を引き起こしてしまうリスクが考えられます。

顎関節症の治療方法(スプリント)

顎関節症の治療方法(スプリント)

一般的にはスプリント(プラスチックのマウスピース)による治療を行っていきます。上顎または、下顎の歯に夜間睡眠中装着し、無意識の嚙み込みで負担をかけないようマウスピースにより軽減さると同時に上下の嚙み合わせが正常に接するようします。そうすると顎の関節が正常の位置に戻り、スムーズに動かすことが可能になります。

スプリント療法で治らない場合

スプリント(マウスピース)でなかなか改善が見られない場合は専門のクリニックへ紹介も行っております。まずは一度相談に来て下さい。

顎関節症を放置してしまうリスクについて

自然に治らないタイプの顎関節症の場合、放置してしまうと顎の形が変形してしまい最悪の場合骨を削る大きな手術が必要になるケースもあります。また、そこまで重度に悪化しなかったとしても、顎の骨を鳴らす癖がついたり、ストレスを抱えてしまう原因にもなりかねません。

粘液嚢胞

粘液嚢胞について

粘液嚢胞はだ液の流れになんらかの障害が発生してしまい袋状にたまる症状のことです。だ液腺からうまくだ液が排出されないため、水膨れのように腫れてくることで生じます。痛みはほとんどなく、大きくなると割れて粘質性の液体が流失し腫れは一旦なくなりますが、再発するケースが多く自然に治ることはほとんどありません。また、腫れが大きくなったり小さくなったりを繰り返す場合もあります。

※生じる場所としては口底や下唇、舌、頬粘膜などに多く見られます。

粘液嚢胞の治療について

粘液嚢胞の治療法は摘出する事ですが、原因となっている小粘液線を一緒に切除する必要があり麻酔を使っての手術となります。専門的な知識も必要ですが、当院では粘液嚢胞の治療経験が豊富で口腔外科専門医の資格を有したドクターが在籍しているため相談も多い症状です。 術後は施術部分が腫れたり、やや固くなることがありますが、時間の経過とともに違和感はなくなります。食事に関しては抜糸までは柔らかいも、刺激の少ないものを食べるなどの注意が必要、歯磨きは治療部分を極力避けて頂きます。
おおよそ一週間で抜糸を行いますが、その前に痛みや違和感があれば早めにご相談下さい。

摘出後の経過観察について

口腔ガンができる原因はさまざまありますが一般的に、生活習慣(飲酒・たばこ)、ウイルスなどが考えられます。その他歯並び、不適切な詰め物など、できやすい場所としては舌・頬の粘膜・歯茎です。怪しい症状が見られた場合は直ちにかかりつけ医または口腔外科・総合病院などに受診することを強くおすすめします。

当院でも検査等の対応は可能です。口腔外科専門医が在籍していますので気軽にご相談下さい。

※場合によっては専門のクリニックを紹介するケースもございます。

口内炎・できもの

口内炎について

患者さまに伝え続ける

口内炎は、口の中の粘膜が部分的にただれた状態です。口内炎は口の中を清潔に保つ(ブラッシング、うがいなど)ことによって治りやすくなりますが、時間がたっても治らない場合や徐々に大きくなる場合など、他の病気の可能性、場合によっては良性腫瘍だったり、口腔ガンの可能性も考えられるため精密な検査が必要です。痛みがない場合も少なくないため放置しがちですが、早めに受診をおすすめします。

口腔ガン

摘出部分にしこりや、しびれが残ることがありますが時間とともに小さくなることがほとんどです。摘出後は基本的に再発の可能性は少ないですが唇を噛む癖がある場合などは再発する場合もあります。定期的健診を兼ねて定期的に診てもらいましょう。

ご予約・お問い合わせ