矯正歯科

矯正を始めるタイミング

矯正を始めるタイミング

矯正治療を開始するタイミングは、何歳からという決まりはありません。歯並びが気になった時に相談にお越しください。
ただし歯並びや噛み合わせは顎の大きさや、顎の位置関係に影響を受けやすくなっています。一般的には上顎は小学生高学年まで、下顎は二次成長期までに成長が終わり、その大きさ、位置関係が決まると言われています。

お子さまの矯正では乳歯から永久歯に生え変わる時期に顎の骨の成長を利用して治療をすることができます。また、同時にお口の発育や噛み合わせに悪影響を与える癖の改善を行ってきます。その後、永久歯が生えそろってから矯正装置を使って歯並びを整える治療をします。

当院の矯正治療の特徴

矯正治療で美しく健康的な心と身体に

矯正治療で心も身体も美しく健康的に

歯並びや口元が気になっていませんか?
みやこデンタルクリニックはそういった悩みをもっている方に、 「思いっきり笑える歯並び」をつくることで、毎日が明るく楽しくなれるよなお手伝いをしています。
まずはお口の中の状態を確認させていただき、矯正が必要かを診断しますのでお気軽にご相談ください。

気をつけたいお子様のくせ

指しゃぶり

指しゃぶりが歯並びを悪くすることを知っている方は多くいらっしゃるかと思います。3歳くらいまでであれば歯並びに影響が出ることはありませんが、それ以降もずっと指しゃぶりを続けてしまうと顎の骨の成長に影響を与えるリスクがあるため気をつける必要があります。
具体的には、指しゃぶりを続けてしまうと、出っ歯や前歯が噛み合わなくなる「開咬」という歯並びになりやすくなってしまいます。

爪を噛む

爪を噛むという癖を持っているお子さまは多くいます。しかし子供だけでなく、大人でも爪を噛む癖がある方がいらっしゃいます。この癖も歯並びに影響を与えるのです。
具体的には爪を噛むことによって、前歯が部分的に前に出てしまうリスクが高くなります。

舌癖

舌で歯を内側から押す、舌を上下の歯で挟むといった癖があると、出っ歯や開咬、受け口といった歯並びになる可能性があります。

唇を噛む

下唇を噛むことが癖になっているお子さんは多くいます。この癖が続くと、出っ歯や、下の歯の歯並びを悪くしてしまう可能性があります。
その他にも、上下の唇を中に入れる癖があるお子さまもいます。この場合は、力のかかり具合によって、出っ歯や受け口を引き起こす原因になります。

口呼吸

口呼吸は、鼻炎による鼻詰まりが原因で癖になってしまうことがあります。
口呼吸になってしまうと、体が口呼吸するのに適した歯並び、骨格になっていきます。そのため、口呼吸を放置してしまうと骨格が変形してしまうことがあるため、大人になってから治療をしたとしても、矯正治療だけでは対応できなくなる可能性があります。

永久歯に生え変わる前の矯正治療

初期治療(第一期)と本格治療(第二期)の2段階治療

初期治療(第一期)と本格治療(第二期)の2段階治療

子どものうちにできるだけ早く矯正を始めることで、矯正治療の効率が上がり、お子さまの負担はもちろん、費用の軽減にもつながります。特に早期の矯正治療が適している歯並びとして、出っ歯、受け口があります。お子さまの歯並びが心配な方はお早めに当院までご相談ください。
まずはお口の状況を確認して、お子さまに適した治療計画や矯正を開始する時期などをご提案いたします。

第一期矯正治療5才〜12才頃

乳歯と永久歯が混ざっている時期に治療を始めます。
体が成長する段階の治療であるため、歯列の幅を広げられたり、顎の成長をを促進・抑制させたりと、歯並びを作る土台から作っていけるのが特徴です。
この際に使用する装置は取り外しが可能なものが多いためお子さまの負担も軽く、ほとんど痛みもありません。

第二期矯正治療12才頃〜成人

永久歯が生え揃ってくる頃に治療を開始します。
この治療は特に年齢制限がないので、何歳でもすることができます。

小児矯正のメリット

抜歯の可能性を減らすことができる

悪習癖を改善できる

骨格の成長バランスを整えることができる

小児矯正のデメリット

成人矯正と比較して治療期間が長くなる

本人の協力が必要になる

矯正治療中の虫歯リスクがあがる

大人の方の矯正治療

大人の矯正治療と子どもの矯正治療の違い

大人の矯正と子供の矯正の大一番大きな違いは、骨の成長を利用できないことです。永久歯の位置も確定されているため、歯を並べるために抜歯しないといけないことも多くあります。歯を抜くと言われると抵抗を感じる方も多くいらっしゃいますが、抜歯が必要な場合はしっかりとその理由をご説明、ご納得いただいてから治療するようにしております。

大人の矯正治療で使用する主な装置

マルチブラケット(表側矯正)

歯に装着するブラケットにワイヤーを通し、そのワイヤーで歯を動かしいく矯正方法です。
古くからある矯正治療なので対応できる症例の幅があることが最大のメリットです。またデメリットとしては、どうしても装置が目立ってしまう点があります。

マウスピース型矯正

透明で薄いプラスチックでできた、マウスピース型の矯正装置を使った矯正方法です。
メリットとして矯正中であることが気付かれにくく、取り外しが可能なため普段通りの歯みがきができ、矯正治療中でも今まで通りに食事ができるなどの特徴があります。
デメリットは1日20時間以上装置を装着する必要があることです。

矯正担当医

千代鶴 真希

ご挨拶

矯正治療は歯並びをきれいに並べるだけでなく、虫歯や歯周病を引き起こさないようにするための予防医学としても重要です。
長期にわたる治療になるため、患者さまに寄り添いながら治療させていただくことを大切にしております。
まずはお気軽にご相談ください。

経歴

平成26年3月 愛知学院大学歯学部歯学科卒業
令和2年3月 愛知学院大学大学院歯学研究科修了
令和2年12月 日本矯正歯科学会認定医取得
千代鶴真希

矯正料金(税込)

小児矯正

1期治療 440,000円
2期治療 330,000円
検査料 33,000円
処置料 3,300円

成人矯正

ワイヤー矯正 770,000円
マウスピース型矯正 770,000円
検査料 33,000円
処置料 3,300円

ご予約・お問い合わせ